『アンダーシンク型』取付作業内容

ここでは、『ウルティマ H2O』アンダーシンク型の取付についてご説明します。

一般的によく購入するのが卓上型で、ご予算のある方はアンダーシンク型の購入が多いです。

『ウルティマ H2O』アンダーシンク型の取付工事

 

アンダーシンク型はと卓上型の違い

アンダーシンク型はと卓上型の違いは、機械本体がシンクの上に置くか置かないです。

ユーザーメリットは、シンク上に機械本体を置かない為、従来どうり広々と使えシンプルであることです。

写真で比較してみると

  

このように、機械本体はシンク内部に設置されます。

シンク回りに機械本体、接続ホースも無くスッキリしています。

取付工事作業について

取り付けに必要とする工具です。(最低限)

  1. 電動ドリル
  2. 35mm~37mmホルソー(ステンレス鋼対応)専用水栓取付用
  3. 22mmホルソー(ステンレス鋼対応)操作パネル取付用
  4. 水栓金具締め付けレンチ
  5. モンキーレンチ
  6. コーキング材

設置・工事説明

取付設置例

  

写真を参考に説明を読んでください。

1、専用水栓の取付

①カウンター部の穴あけ

※流し台の適切な位置に取付穴 35mm~37mm の穴を開けてください。
※給水管、ホースの長さと本体・ポストフィルターとの距離を確認し、レバー操作スペースを確保できる場所に穴をあけてください。

ホーローや天然石のカウンターに穴を開ける場合はキッチンメーカーにご相談ください。

 

②専用水栓の固定

●専用水栓本体の締め付けナットと馬蹄金具を一度はずしてください。
●専用水栓本体をカウンターに開けたあなへ通します。吐水方向を調整し、馬蹄金具を取り付け、締め付けナットで固定してください。

※カウンターの厚みは最大 35mm 迄です。
※カウンターの厚みが薄い場合は、水栓がぐらつく場合があるので、補強で 10mm 程度の板を裏側に入れて固定してください。

 

2-1、操作パネルの取付(カウンターへの取付の場合)

①カウンター部穴あけ

※ケーブルの長さと本体との距離を確認し、さらに、水のかからない場所に穴を開ける。

■カウンターの適切な位置に取付穴 35㎜ の穴を開けてください。

ホーローや天然石のカウンターに穴を開ける場合はキッチンメーカーにご相談ください。

 

②操作パネルの取付

■操作パネル取付金具のスベラシ板、パッキン、ワッシャー、ナットをはずす。

■操作パネルをきっちんかうんたーの上部より通し、向きを調整しながらナットで固定してください。

※カウンターの厚みは最大 35mm 迄です。
※カウンターの厚みが薄い場合は、リモコンがぐらつく場合があるので、カウンターとナットの間に 10mm 程度の板を入れてください。

 

2-2、操作パネルの取付(壁へ取付の場合)

①固定金具の取り外し

■操作パネル底部にある固定金具のネジ(4本)をはずして固定金具をコードから抜いてください。

※コードを操作パネルに固定しているプラスチックのナットは、はずさないでください。

 

②操作パネルのの貼り付け

■操作パネルの背面に付属品の両面粘着シートの保護紙をはがし、貼り付けてください。

■操作パネルに貼った両面粘着シートの保護紙をはがし、壁に貼り付けてください。

※貼り付け面の汚れ、水分などはきれいに拭き取ってから貼ってください。

 

3、ポストフィルターの設置

シンクしたの邪魔にならない場所で、専用水栓と本体にホースが届く位置に設置してください。

■対辺 3㎜ の六角レンチを使用して、付属の六角穴付きボルトと平ワッシャーで取り付け金具をフィルターケースの天面へ固定してください。

■シンク下の邪魔にならない位置で専用水栓と本体にホースが届く位置に固定金具を木ネジで止めてください。
その際、水受け用容器が下に入るようにフィルターケースの底部が床から 10cm 以上離れる位置に止めてください。

 

4、本体の固定

①固定金具を本体への取付

■本体底部へ固定金具(2個)をねじ止めする。

■吐水口、入水口のキャップをはずしてください。

 

②本体を床に固定

■操作パネルのコードと専用水栓やポストフィルターへホースが届く位置で、さらに、電源プラグがコンセントに届く位置へ本体を設置してください。

■固定金具をネジで床に固定してください。

 

5、ホースの接続

①給水管の分岐

■水道の元栓を閉めてから施工してください。

■水道の止水栓と既存の水栓の配管の間に片面ナットチーズを取り付ける。

■片面ナットチーズにストレーナー付きバルブを取り付ける。

※給湯管へは絶対接続しないでください。

 

②ホースの接続

■ストレーナー付きバルブと専用水栓の入水をブレードホースで接続する。

■本体入水口と専用水栓を耐圧ホースで接続する。

■本体吐水口とポストフィルターケースの『IN』側を耐圧ホースで接続する。

■ポストフィルターケースの『OUT』側と専用水栓の吐水を耐圧ホースで接続する。

 

6、操作パネルの接続

■本体天面のある操作パネル接続口のカバーをはずしてください。

■操作パネルのケーブルを本体へ接続してください。
※コネクターのネジをしっかり締めてください。

■電源プラグをコンセントに差してください。

※シンク下部内に電源コンセントが無い場合は、電源コンセントを開設してください。

 

7、水漏れの確認

■プレフィルター収納カバーを開けてください。

■水道の元栓を開けてください。

■専用水栓を開けてください。

■しばらくすると吐水口より水が出ます。

■3分以上通水し各接続箇所から水漏れが無いことを確認してください。

■プレフィルター収納カバーを元に戻してください。

■専用水栓を閉めてください。